Sponsored Link

Top 中古住宅 ;>物件探し・中古物件

2007年05月09日

物件探し・中古物件

中古物件(中古住宅)はないかなと期待半分、冷やかし半分で、
ツイテル不動産屋に入りました。
賃貸物件や新築住宅情報、店舗物件や土地情報など、不動産物件の写真入広告がたくさん並んでいました。
それらの物件を見て比較するのも面倒なので(苦笑)、
すぐに営業マンを呼んで、
「○○小学校の学区で、戸建ての中古住宅はないですか?」
と聞きました。

するとツイテル不動産の営業マンは頭の中を整理して、
「これはどうですか」
と、ある物件を提示してくれました。

でも、マンションだったのです。


マンションはこりごりな私(苦笑)。
マンションもいいですよとすすめる営業マンに、
△△中学校の学区では戸建ての中古住宅物件はないかとたずねました。

息子の小学校に、
市内で引越ししたけれど、
子どもが転校したくないからと親が車で送り迎えしている家庭があります。

それで私は、
転校させなくても、親が送り迎えすれば今の時代はOKなんだ!
と思っていたので、
小学校に車で送り迎えできる範囲の住宅ならいいか、とも思っていたのです。


しかし、我が家のある学区は街中なので、
賃貸住宅や新築住宅はあっても、
安い戸建ての中古物件はありませんでした。

せっかく子どもと離れている間に不動産屋に入れたので、
しつこく(笑)
学区に近い場所で何か中古住宅物件がないかたずねました。

2,3の物件情報はありましたが、
それらの中古住宅がある場所や町が気に入らなかったので(苦笑)、
う〜んと渋い顔で見ていました。

すると不動産屋の営業マンが、
「あ、そういえばあれなら・・・」
と言って、事務所の奥に消えました。

そして物件情報を持ってでてくると、
「□□町に1件あるんですが・・・。
見に行きますか?」
と私の目を見て言いました。

□□町は数回行ったことがあったが、
高級住宅地という上品な雰囲気があったので、
あそこならいい、大丈夫そうだという思いがあり、
「見ます!」
とすぐに返事をしました。


すぐに車で出かけようとする営業マンに、
土地の広さや値段を聞こうとすると、
「まだ、広告に出していないんですよ。
だから写真もなくて・・・」
と言われたので、
じゃあ、見るだけ見てみるかと、営業マンの車の後について出かけました。

(どうせ私の貯金じゃ買えない・・・というあきらめ半分があったので)


2台の車は□□町に着き、
住宅地の中に営業マンの車が入っていくと、
どんな家なんだろう?と楽しみな気持ちが一層大きくなりました。

住宅地の中に入ってすぐ、
営業マンの車がある一軒の家の前に停まりました。

南向きの小さな住宅でしたが、
リフォーム済みのようで、キレイです。


「おー!いい家だなあ!」


これなら、住んでみたい!
と思える、こぎれいな感じの中古住宅でした。


「中古住宅購入で我が家の新生活!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 05:35 | 中古住宅

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。