Sponsored Link

Top 中古住宅 ;>中古住宅と住宅ローン

2007年05月11日

中古住宅と住宅ローン

中古住宅を、不動産屋の車の後について見学に行きました。
まだ広告に出す前の中古物件、中古住宅情報ということで、
現地に着くまで、
間取りも値段も土地の広さも教えてもらえませんでした(爆)。

ただ私は、中古住宅のある町を知っていて、
高級住宅地っぽいな〜と好感を持っていた場所だったので、
値段がわからなくても、見るだけ見てみたい!(爆)
という気持ちでついていったのでした。

中古住宅はリフォーム済みだったので、
とてもキレイに見えました(笑)!

「おー!いい家だなあ!」

角地なので、
家の前と片方の横が道路になっているから、
開放感があります。

庭には砂利が敷き詰められていますが、
庭が多少でもあるのは、うれしいものですよね!
(ちなみに、砂利は防犯条約に立つのです。
歩くと音がするから、泥棒よけになるんですヨ!)


さて、
不動産営業マンが玄関の鍵を開けて中に入ると、
壁紙も床も天井もリフォーム済みなので、
白くてキレイ!

天気のいい日だったので、
窓から日が入ってとても明るく、
気持ちがいい感じの家でした。

営業マンが雨戸を開けると、
新しく敷いてある畳やふすまがまぶしい(笑)!
(今の我が家の借家は、
子どもが家の中でサッカーをしてふすまが穴だらけなので(怒)、
よけいにまぶしく見えます!)

水まわりもすでにリフォーム済みで、
システムキッチン、ユニットバス、温水洗浄トイレもついています。
(今の借家はポットントイレ、
今では貴重な汲み取り式トイレです!)


2階に上がると2部屋あったので、
二人子どものいる私には、子ども部屋が2つ確保できるからうれしい間取りでした。

2階に上がったところで、
不動産営業マンから中古住宅の値段を聞かされました。

う〜む。


中古住宅購入に当たり、
自己資金がいくらあるか聞かれると、
母が意外な大きな金額を言ったので、私はビックリ!

営業マンの入る手前、
「え〜、お金出してくれるの??」
なんて言えなかったので(笑)後でこっそりと聞きましたが、
営業マンは急に笑顔になり、
「それだけ自己資金があれば、
住宅ローンがもし借りれなくても、大丈夫ですよ!」
と言いました。


私もこの中古住宅が購入できるかも!
と思い始めるとうれしくなってきました。


「中古住宅購入で我が家の新生活!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 06:28 | 中古住宅

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。