Sponsored Link

Top 住宅ローン ;>住宅ローンと自己資金

2007年05月23日

住宅ローンと自己資金

住宅ローンでいくら借りるか、自己資金はいくらあるか、その夜、家族会議で検討しました(笑)。
自分が預けている郵便局や銀行の定期預金などがいくらあるか、調べました。
子どもの出産祝いや七五三祝いなど、子どもの名義で貯めていたゆうちょ(郵便貯金)も、子どもに内緒で借りておろすことにしました。
(あとで返せるように、がんばるからね(汗))

ゆうちょの定額貯金は10年満期ですが、預けてから半年たっていればいつでも引き出し自由なので、すぐに解約して貯金を現金化できます。
でも、ある銀行に預けていた10年満期の貯金は、
10年たたない場合は中途解約になり、
10万円とか、かなりの解約手数料を取られるのです(エ〜!?)。

その代わり、貯金している額の9割まで借りることができるそうでした。
もちろん、貯金している利息より高い利子がつくのですが!

しかし低金利のときに預けたため、
幸いというか、住宅ローンよりも安い金利2.数%で借りることができるとわかりました(ラッキー!)。
もちろん、不動産業者が斡旋してくれるという利息6.8%のノンバンク(=消費者金融)よりも、むちゃくちゃ安いです(爆)!

いろいろ家族で検討していくうち、
自己資金で足りない分は、
兄が貸してくれることになりました。
(ありがとう!お兄ちゃん!!(笑))

もちろん、ちゃんと借用書も書いて、
毎月返済します!


何とか金策が解決し、
ホッとして翌朝の契約に向かうことになりました。

とりあえず、手付金の10万円を払うことになっていました。
ところが、翌朝ネットでその町の中古住宅をチェックしたところ、
他にももっと安い物件があることがわかったのです!!


「中古住宅購入・住宅衝動買い体験談!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 17:17 | 住宅ローン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。