Sponsored Link

2007年05月27日

中古住宅の値引き

ツイテル不動産で中古住宅購入のための手付金10万円を支払う予定でしたが、もう一つの中古住宅物件も気になるので、とりあえず手付金を支払うのは見送る旨を伝えに、直接ツクテル不動産に行きました。
不動産業者は、住宅購入のための書類を整えて待っていてくれました。
私たちが来ると、アイスコーヒーをさっそく出してくれました。
でも、住宅購入お断りの話なので、父も母も私もアイスコーヒーに手をつけられませんでした(本当は飲みたかったのに(笑))。

ラッキー不動産の中古住宅物件の方がよさそうだと伝えると、ツイテル不動産は、自分たちが扱っている中古住宅の方のよさをアピールしました。
南側道路に向いてる住宅なので、明るい、日当たりがよい、前に他の家がなくて気分がいい。
売却するときも、南側道路の物件の方が売りやすい。
屋根が日本瓦なので、修理や雨漏りの心配が少ない。
などなど。

そして中古住宅の販売価格に100万円の開きがあることについては、昨日はこれ以上は値引きできないといっていましたが、多少は検討するといいました。

しかし父が、問題は値段だけではないのだといいました。
それで30分くらい話をし、アイスコーヒーを飲まないまま(笑)、ツイテル不動産を後にしました。

それでも不動産業者が、お断りのためにわざわざ出向いてくれてありがとうございます、といってくれました。
普通は、電話で断って終わりですが、と。

本当は、私も電話で断りを済ませるつもりだったのですが、
父が直接行くというので、出かけただけでした(苦笑)。


さて、ラッキー不動産がもう一つの中古住宅の内部を見せてくれました。
まだリフォーム前で、ラッキー不動産が買い取ったばかりの物件らしいです。
リフォームしていないので、リフォーム済みのツイテル不動産の中古住宅の方がきれいに思えました。

雨戸をガタガタと開けてもらいましたが、あまり日が差し込みません。
なんだか暗い感じです。

平屋の1階部分も土地も、ツイテル不動産の中古住宅より広いのですが、天井のシミが母と私は気になりました。
リフォームしてしまえば見えないのでしょうが、北側道路に接している分、ジメジメしているのではないでしょうか。
ラッキ−不動産に聞くと、壁や水まわり(キッチン・ユニットバス・洗面所)はリフォームするが、天井やぬり壁の部分はリフォームしないとのこと。
この天井のしみは残るのか・・・と思うと、ちょっといやな感じです。

また間取りもいまいちで、玄関入ってすぐ洗面所・脱衣所・お風呂場があるのです。
女性にとっては、入浴しづらいちょっと気になる間取りです。

父はこの家が気に入っているようで、ロフトがあるので子どもたちが喜ぶだろうといって喜んでいました。
でも、ロフト用の階段を降ろすと、はしご状の階段のために1階の部屋一部屋が占領されてしまい、物を置くこともできないし、歩きづらいです。
どうせならちゃんと2階を作って、きちんと階段の面積をとるか、
壁に垂直につけるはしごをつけるかして、
はしご状の階段ではないものをつけてほしいと思いました。


ラッキー不動産は、リフォームしてからもう一度見たほうがよくわかって購入しやすいでしょうといいましたが、値段が安い分、買いたいというお客さんも他にいるそうです。
手付金10万円払えば、中古住宅購入の優先的な権利が手に入りますが、といいました。

それで、手付金を支払うような話を父がすすめ、ラッキー不動産と別れました。


しかし、私はなんだかいまいちでした。
ラッキー不動産の中古住宅の方が広いのはいいのですが、なんだか暗くてジメジメした感じが困りました。

もう一度、ツイテル不動産の中古住宅を外から車で見に行きました。
リフォーム済みということもあって、こっちの方がキレイです。
南側道路に面しているので、明るいです。

父は、
私が住むんだから私の好きな方にしていいといいました。
母は私と同じ意見で、ツイテル不動産の方が明るくていいといいました。

母と同意見なことに私は安心しました。
そして南側道路に接しているこの中古住宅は、たぶん、早く売れちゃうだろうという気持ちがあり、すぐにツイテル不動産に電話しました。

ラッキー不動産の中古住宅の内部を見たけれど、
ツイテル不動産の方がよかったので、
値引きを多少検討してもらいたい、
これから行きますという電話です。

ラッキー不動産の中古住宅の方が気に入っていた父は、
私の好きな方にしていいといったのに憮然としてしまいました。

レストランでうどんを食べた後、
父はもう、私たちには付き合わないと言い(苦笑)、
母と私でツイテル不動産に行きました。


電話で断ったのではなく、
午前中にツイテル不動産に行って断っていたので、
もう一度出かけていくのに、あまり抵抗がなかったのは幸いでした。
(まあ、調子がいいですが(笑))

そしてそのとき、ツイテル不動産が、
「多少なら値引きも検討する」
と言い出していたのが役に立ち(笑)、
もう20万円値引きしてくれることになりました(ラッキー!)。

直接出かけていって、断ったかいがありました(爆)。


「中古住宅購入・住宅衝動買い体験談!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 16:42 | 中古住宅

2007年05月11日

中古住宅と住宅ローン

中古住宅を、不動産屋の車の後について見学に行きました。
まだ広告に出す前の中古物件、中古住宅情報ということで、
現地に着くまで、
間取りも値段も土地の広さも教えてもらえませんでした(爆)。

ただ私は、中古住宅のある町を知っていて、
高級住宅地っぽいな〜と好感を持っていた場所だったので、
値段がわからなくても、見るだけ見てみたい!(爆)
という気持ちでついていったのでした。

中古住宅はリフォーム済みだったので、
とてもキレイに見えました(笑)!

「おー!いい家だなあ!」

角地なので、
家の前と片方の横が道路になっているから、
開放感があります。

庭には砂利が敷き詰められていますが、
庭が多少でもあるのは、うれしいものですよね!
(ちなみに、砂利は防犯条約に立つのです。
歩くと音がするから、泥棒よけになるんですヨ!)


さて、
不動産営業マンが玄関の鍵を開けて中に入ると、
壁紙も床も天井もリフォーム済みなので、
白くてキレイ!

天気のいい日だったので、
窓から日が入ってとても明るく、
気持ちがいい感じの家でした。

営業マンが雨戸を開けると、
新しく敷いてある畳やふすまがまぶしい(笑)!
(今の我が家の借家は、
子どもが家の中でサッカーをしてふすまが穴だらけなので(怒)、
よけいにまぶしく見えます!)

水まわりもすでにリフォーム済みで、
システムキッチン、ユニットバス、温水洗浄トイレもついています。
(今の借家はポットントイレ、
今では貴重な汲み取り式トイレです!)


2階に上がると2部屋あったので、
二人子どものいる私には、子ども部屋が2つ確保できるからうれしい間取りでした。

2階に上がったところで、
不動産営業マンから中古住宅の値段を聞かされました。

う〜む。


中古住宅購入に当たり、
自己資金がいくらあるか聞かれると、
母が意外な大きな金額を言ったので、私はビックリ!

営業マンの入る手前、
「え〜、お金出してくれるの??」
なんて言えなかったので(笑)後でこっそりと聞きましたが、
営業マンは急に笑顔になり、
「それだけ自己資金があれば、
住宅ローンがもし借りれなくても、大丈夫ですよ!」
と言いました。


私もこの中古住宅が購入できるかも!
と思い始めるとうれしくなってきました。


「中古住宅購入で我が家の新生活!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 06:28 | 中古住宅

2007年05月09日

物件探し・中古物件

中古物件(中古住宅)はないかなと期待半分、冷やかし半分で、
ツイテル不動産屋に入りました。
賃貸物件や新築住宅情報、店舗物件や土地情報など、不動産物件の写真入広告がたくさん並んでいました。
それらの物件を見て比較するのも面倒なので(苦笑)、
すぐに営業マンを呼んで、
「○○小学校の学区で、戸建ての中古住宅はないですか?」
と聞きました。

するとツイテル不動産の営業マンは頭の中を整理して、
「これはどうですか」
と、ある物件を提示してくれました。

でも、マンションだったのです。


マンションはこりごりな私(苦笑)。
マンションもいいですよとすすめる営業マンに、
△△中学校の学区では戸建ての中古住宅物件はないかとたずねました。

息子の小学校に、
市内で引越ししたけれど、
子どもが転校したくないからと親が車で送り迎えしている家庭があります。

それで私は、
転校させなくても、親が送り迎えすれば今の時代はOKなんだ!
と思っていたので、
小学校に車で送り迎えできる範囲の住宅ならいいか、とも思っていたのです。


しかし、我が家のある学区は街中なので、
賃貸住宅や新築住宅はあっても、
安い戸建ての中古物件はありませんでした。

せっかく子どもと離れている間に不動産屋に入れたので、
しつこく(笑)
学区に近い場所で何か中古住宅物件がないかたずねました。

2,3の物件情報はありましたが、
それらの中古住宅がある場所や町が気に入らなかったので(苦笑)、
う〜んと渋い顔で見ていました。

すると不動産屋の営業マンが、
「あ、そういえばあれなら・・・」
と言って、事務所の奥に消えました。

そして物件情報を持ってでてくると、
「□□町に1件あるんですが・・・。
見に行きますか?」
と私の目を見て言いました。

□□町は数回行ったことがあったが、
高級住宅地という上品な雰囲気があったので、
あそこならいい、大丈夫そうだという思いがあり、
「見ます!」
とすぐに返事をしました。


すぐに車で出かけようとする営業マンに、
土地の広さや値段を聞こうとすると、
「まだ、広告に出していないんですよ。
だから写真もなくて・・・」
と言われたので、
じゃあ、見るだけ見てみるかと、営業マンの車の後について出かけました。

(どうせ私の貯金じゃ買えない・・・というあきらめ半分があったので)


2台の車は□□町に着き、
住宅地の中に営業マンの車が入っていくと、
どんな家なんだろう?と楽しみな気持ちが一層大きくなりました。

住宅地の中に入ってすぐ、
営業マンの車がある一軒の家の前に停まりました。

南向きの小さな住宅でしたが、
リフォーム済みのようで、キレイです。


「おー!いい家だなあ!」


これなら、住んでみたい!
と思える、こぎれいな感じの中古住宅でした。


「中古住宅購入で我が家の新生活!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 05:35 | 中古住宅

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。