Sponsored Link

2007年06月01日

不動産購入と引越

ゆうちょの郵便貯金を降ろし、両親からの生前贈与110万円/年と兄弟からの借金で、中古住宅購入資金ができました。
不動産業者に手付金を払った1週間後、不動産購入の契約をしました。
その間に、引越業者に見積もりをしてもらって引越屋さんを決めました。
引越日と引越業者が決まったら、あとは家の片付けだけですね。
これが大変でしたが・・・(爆)!

借家の大家さんに電話して、引っ越す旨を話したら、
1ヶ月前でなくてもいいということでした。
先月末に、すでに今月分の家賃を大家さんの口座に振り込んであるのですが、引っ越した後の家賃を日割りにして戻してもらえないかと頼んでみました。

これは、入居するときには日割りにして家賃計算しますが、
出るときには日割りで家賃の戻しはしないことが多いらしいですね。
でも、
うちの大家さんは日割りで戻してくれました。
ラッキーでした!

それから、ガス給湯器とガスコンロ台、全部の部屋の照明器具、そして全部の窓の網戸を自分でこの借家に取り付けたのですが、それを残していくので、引き取ってほしいと頼みました。

敷金も預けていたのですが、子どもがふすまにたくさん穴を開けていたので(恥)、敷金は全額戻らないか・・・と残念に思っていました。


大家さんが、借家の網戸やガス給湯器などを見に来ました。
それで交渉の結果、敷金全額と引き取り料1万円で、ということになりました!

やったー!


借家の水道や電気、ガス、し尿処理(汲み取りトイレだったので)を、自分で止めてもらって清算するよう、電話しました。

パソコンも引越しになったので、せっかくだから(笑)インターネットはADSLから光にしました。
NTT電話も、光電話にしました。


さて、住宅購入資金を支払う日。
つまり、土地と中古住宅の建物が私のものになる日。
土地と建物のが、私の名義になる日。

父が来てくれたので、父と一緒に不動産業者、行政書士と会いました。
行政書士がいうとおりに不動産売買契約書にサインをし、お金を支払い、カンタンに手続は終わりました。

私にとっては初めての戸建て住宅の購入でしたが、不動産業者や行政書士にとってはいつもの仕事、なので、あ〜っという間に彼らにとっての”仕事”は終わらせてしまいました。

もっと感動するかと思ったけれど、”流れ作業”がすみ(笑)、不動産業者と別れてから、

「あー!自分のものになったんだ!!」

という思いに、ゾクゾクしてうれしかったです♪


それから父と一緒に購入したばかりの中古住宅へ行き、不動産業者にもらった鍵で玄関を開けました。

もう、自分のものです!
(しつこいですが(笑)、うれしかった。)


その翌日、引越。

子どもも転校させたので、
引越しまでに教育委員会に行ったり、転入する学校や転出する学校に連絡したりあいさつに行ったり。


忙しい1週間でしたが、
中古住宅が気に入って約1週間後にはその家に住み始めました!

借家に住んでいたときよりも家は広くなり、
汲み取り式トイレは温水洗浄付水洗トイレに(笑)、
追い炊きできなかったお風呂もユニットバスに、
プロパンガスから都市ガスに!

快適!!


家とのすばらしい縁に感謝でした!


「中古住宅購入・住宅衝動買い体験談!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 22:16 | 不動産購入

2007年05月29日

不動産購入とゆうちょ・かんぽ解約

中古住宅購入のために手付金10万円を払って、不動産売買契約をかわした翌日、さっそく郵便局へ出かけていきました。不動産購入で貯金を降ろすためです(笑)。
ゆうちょ(郵貯)の定額貯金は、預け入れをしてから半年たてばすぐに降ろせますから、郵便局窓口で手続きをして、すぐに降ろせました。また郵便局のかんぽ(簡易保険)に預けていたお金も、すべて(爆)解約しました。

郵便局員に、なぜ降ろすのかと聞かれました。
郵便局の本局でかんぽも郵貯も降ろしたからか、数百万円が休日の翌日、月曜日だったのに、私の手元に用意されました。

窓口の中のソファに案内され、金額を確かめるように言われました。
100万円ずつ、紙の束でしばってあります。

100万円の束をいくつか持つのは初めてだったので、ちょっとうれしいようなドキドキするような、緊張した感じでした。
本当は写真を撮りたかったです(爆)!!!
と言うか、誰かに私が札束を持っているところを写してほしかったです(笑)!


さて、お札の枚数が合っているか数えるだけでも、慣れないため(笑)とても時間がかかってしまいました。
お金は合計金額とぴったり!でした(当たり前か・・・(笑))。

それから郵便局を後にしましたが、札束を入れるバッグを持ってくればよかったと思いました。紙袋に入れてもらいましたが、すでにパンパンのハンドバッグには入りきらず、銀行強盗や泥棒に狙われたらどうしよう・・・などと思いながら歩きました(爆)。

それから、不動産業者に指定された銀行のATMにいって、自分名義の口座に100万円ずつ入金しました。
(ATMは、一度にお札は100枚までしか入らないので・・・)


その日のうちに、母たちからもお金がそろったという電話が入りました。
それでさっさとお金を払ってしまおうということで、不動産業者に不動産購入残高の支払い日をはやめてもらいました。もう、大安など関係なく(笑)(私は気にしないので)。


「中古住宅購入・住宅衝動買い体験談!」のトップページに戻る
posted by 中古住宅 at 07:00 | 不動産購入

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。